日常生活の中で瞑想をしてみよう

こんにちは

今回は

リラックス効果のための

瞑想について考えてみます。

1.人は二種類の呼吸をしている

提供元:https://pixabay.com/ja/

リラックスするには

副交感神経を優位にして

気の流れを整えていかなければいけません

それには

呼吸がとても重要な要素になります

呼吸って

皆さんいつもしていますよね・・・

そりゃそうですよね

呼吸をしなければ生きていけませんからね。

この皆さんの意識している呼吸は

二次呼吸と言われるものなんです

では

一時呼吸ってどこで行われているの

それは

脳幹で行われているのです。

脳幹の働きによって

脳が膨らんだり縮んだりして呼吸しているんです。

リラックスした状態では

一分間に7~8回 膨らんだり縮んだりを繰り返しています。

これは

お腹の中にいるときから行われている呼吸なのです。

この

一時呼吸をつかさどる脳幹は

二次呼吸の影響を敏感に感じとります

なので

呼吸法は心を整えるのにとても大切なことなのです

2.自分の呼吸を整え瞑想する

提供元:https://pixabay.com/ja/

心を落ち着かせるための呼吸法は

自分一人になれて落ち着ける場所で行うのが効果的です

あまり明るくない方がいいです。

椅子に座るか仰向けの状態になり

腹筋を使って腹式呼吸で行ないます。

鼻からゆっくりと息を吸い

鼻からゆっくりと息を出していく

吸ったり出したりするペースは

自分のペースで行ってください。

呼吸法を行う時に

目を軽くつぶるか薄目を開けていてもいいですよ。

これが瞑想です。

3.瞑想はどうやってするのか

提供元:https://pixabay.com/ja/

瞑想中は

何も考えないことです

まずは

呼吸に意識を集中してみましょう

息を吸うときには

とても新鮮で清々しい空気が入ってくる意識をして

息を出すときには

体の中の嫌なことが吐き出されていくような意識をしてみましょう。

といっても

いろいろなことが思い浮かんできます。

思い浮かんできたことは

無理に消そうとしないでください

思い浮かんだことは

感情的にならずそのまま受け止めて流していきましょう

一枚の写真でも見るような感覚で

そんなこともあったな~っていう感じで

まあそれはそれっていう感じで受け流していきます。

そして

呼吸に意識を戻して行きます。

5分~10分ほど続けてみましょう。

アロマなどの併用も

とても効果的がありますのでお勧めです


4.瞑想を終えたあとは

提供元:https://pixabay.com/ja/

瞑想が終わったら

ゆっくりと目を開けて

しばらくボーッとしてみましょう

清々しい気持ちに

しばらく浸ってみてください。

いつもと違った世界観を

感じられるかもしれませんね。

そのあとは・・・

夜であれば

ゆっくりとお風呂に浸かったり

早めにお布団に入ったりましょう

朝や昼間なら

軽く体を動かしてみるのもいいと思います

5.まとめ 瞑想をしてみよう

提供元:https://pixabay.com/ja/

今回は

リラックス効果のための瞑想について考えてみました。

時々は

日々の雑音から逃避して

脳を休憩させてあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする