心という目で覗いてみた ストレスの正体とは?

こんにちは

ストレスを抱えているあなたへ!

ストレスって何かを考えてみました。

1.心という目で覗いてみた ストレスって何?

出典元:https://pixabay.com/ja/

疲れた~ って

口癖のように言っていませんか?

それって

ストレスによるものかもしれませんね

ではこのストレスっていったい何なんでしょうか?

心理学的に言うと

身体的や精神的な安定した状態に、影響を与えるような出来事の総称ということです。

分かりやすく

ストレスの状態を簡単な絵で表してみると下記のような感じになります。

ストレスのかかってない状態に

ストレッサーがかかることによって歪ができます

この歪を元に戻そうとしてストレス反応が起こります

これがストレスの正体なのです

2.心という目で覗いてみた ストレスって悪者なの?

出典元:https://pixabay.com/ja/

ストレスの絵を見るとわかるように

ストレスは決して全てが悪いものではありません

なぜなら

ストレス反応とは、自分の歪を治そうとする行為だからです。

ストレスの良い悪いは

少なすぎるのか適度なのか過剰なのかによって決まるのです

①ストレスの少なすぎ

適度な緊張感を持てない状態であって

外敵に対しての警戒心が薄れてしまい

突発的なストレッサーに対応できなくなってしまいます

人間の場合は

まだ起きてもないことに対して

良くないことを考えてしまう習性があり

取り越し苦労をする傾向にあると言われています。

ということで

一般的な人にはストレスの少なすぎはほとんどないと思います。

②ストレスの過剰

ストレッサーがストレス反応を上回ってしまう

ストレス反応で心の歪を修復できなくなってしまいます。

これでは

常に大きなストレッサーを受けている状態になります。

これにより

心身共に大きなダメージを受けてしまうのです

③適度なストレス

ストレスは

全くなくても、過剰でも、ダメなんです。

常に適度なストレスを受けていることが理想なんです。

では

適度なストレスって何でしょう?

これは特に意識しなくても

日常生活の中で受けている刺激ということです。

*****

例えば

今日の夕飯は何にしようかな?

肉じゃがにしようかな?

だったら

じゃがいもはあったかな?

何を買ってきたらいいのかな?

なんていう何気ないストレッサーは常にあると思います。

*****

このようなことは

すぐに解決するストレッサーですね。

3.心という目で覗いてみた ストレスを受けるとどうなるのか?

出典元:https://pixabay.com/ja/

生理心理学において研究されている身体とストレスの関連の報告によると

ストレス反応の影響は筋肉骨格内臓神経血管などの多義に及ぶことが分かっています

ストレスは

過剰なストレスにならないうちに対処していくことが必要になります

ストレスの解決には

ストレッサーに対してどう対応していくのかがカギになります。

4.まとめ

出典元:https://pixabay.com/ja/

今回はストレスについて考えてみました。

如何でしたか?

ストレッサーの対応の仕方は今後書いていきますので

ご覧いただけましたら幸いです。


スポンサーリンク











シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする