心理学という目で覗いてみた自分の中の三つの自分

こんにちは

サワキと申します。

自分の中に三つの自分があるってどういうこと?

今回は、この三つの自分についてまとめていきます。

1.心理学という目で覗いてみた自分の中の三つの自分とは

3つの自分

提供元:https://pixabay.com/ja/

自分になかには三つの自分がいます。当然相手にも三つの相手があります。

だから、会話をするときにも感情的になってしまったり、冷静になったり、甘えてしまったりします。さらに、それを相手が感情的に受け止めたり、冷静に受け止めたり、甘えとして受け止めたりするので会話が複雑になってしまうんです。

そんな三つの自分を具体的に説明していきます。

2.心理学という目で覗いてみた親の自我状態という自分(Parent)

3地の自分P

提供元:https://pixabay.com/ja/

①批判的な”P”

偏見的な言葉であったり、封建的な言葉、威嚇的な言葉、非難的言葉などを言うの自分。

そんなこと当然でしょ!

いちいち理屈を言うな!

つべこべ言わずに言う通りにしろ!

あんたはダメだねぇ!

○○しなくてはいけません!

などの断定的な言葉を発します。

②保護的な”P”

心遣いや思いやりのある言葉であったり、慰めや保護的な言葉などを言うの自分。

可哀そうに。

よくできたわね。

大丈夫できるわよ。

してあげよう。

などの柔らかい言葉を発します。

3.心理学という目で覗いてみた大人の自我状態という自分(Adult)

3つの自分P

提供元:https://pixabay.com/ja/

客観的な言葉であったり、合理的な言葉、事実評価などをする言葉を言うの自分。

私の意見では○○だと思います。

具体的に言いますと・・・

もう少し考えてみましょう。

などの冷静な言葉を発します。

4.心理学という目で覗いてみた子供の自我状態という自分(Child)

3つの自分C

提供元:https://pixabay.com/ja/

①自由な″C”

本能的な言葉であったり、直感的な言葉、感情的な言葉を言うの自分。

お願いやって。

できないから助けて。

綺麗だ!汚い!痛い!

好きだ、嫌いだ。

嬉しい。

などの感情的な言葉を発します。

②順応した”C”

反抗的な言葉であったり、消極的な言葉、依存的な言葉を言う自分。

ちっとも分ってくれない。

どうせ私なんて・・・

もういいです。

よくわからないです。

などの自信のなさげや陰のある言葉を発します。

5.まとめ

まとめ

提供元:https://pixabay.com/ja/

今回は、自分の中にあるP、A、Cという三つの自分について紹介していきました。

まずは自分がどのタイプに属しているのかを知ることが大切です。

そして、相手がどんなタイプなのかを知っていく。

この三つの自分と三つの相手との会話がどのようになっていくのかは、

とても興味が持てますよね・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする